2019年2月22日(金)

2/22 13:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,745億円
  • 東証2部 76,366億円
  • ジャスダック 90,303億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍13.93倍
株式益回り7.38%7.17%
配当利回り1.87% 1.95%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,401.88 -62.35
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,390 -50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

「女性・シニア」に退避するマネー 相場に手詰まり感
証券部 栗原健太

2018/4/3 17:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株の上値が重い展開が続いている。前日の米国株式市場でIT(情報技術)大手が全面安となり、3日の東京株式市場でもハイテク株が売られた。マネーのリスク回避が鮮明になる中で、物色の矛先は内需株の一角に向かっている。株価が上昇しているのは女性やシニアなど働く人の増加から恩恵を受ける銘柄群だ。割高な投資指標を無視するかのような急ピッチの上昇は相場の手詰まり感を映し出している。

3日は大型ハイテク株が売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム