2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,089億円
  • 東証2部 97,045億円
  • ジャスダック 100,999億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.70倍15.01倍
株式益回り6.80%6.66%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

スクランブル

フォローする

「女性・シニア」に退避するマネー 相場に手詰まり感
証券部 栗原健太

2018/4/3 17:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本株の上値が重い展開が続いている。前日の米国株式市場でIT(情報技術)大手が全面安となり、3日の東京株式市場でもハイテク株が売られた。マネーのリスク回避が鮮明になる中で、物色の矛先は内需株の一角に向かっている。株価が上昇しているのは女性やシニアなど働く人の増加から恩恵を受ける銘柄群だ。割高な投資指標を無視するかのような急ピッチの上昇は相場の手詰まり感を映し出している。

 3日は大型ハイテク株が売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム