2019年9月19日(木)
スポーツ > プロ野球 > 熱視線 > 記事

熱視線

フォローする

同期に先んじ10勝 「まだ1年だけ」 浜口遥大(下)
DeNA投手

2018/4/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

浜口遥大は平凡な野球少年だった。中学の野球部では投手で戦力にならず、外野手をしていた。「普通に受験勉強をして入った」佐賀県立三養基高は野球の強豪校ではなく、本人にも続ける意志は薄かった。

プロに続く道が辛くもつながったのは中学時代の先輩に「野球部に入れ」と言われたからだ。「どうせやるなら好きなことを」と思って、監督に「中学では投手をやっていた」とウソをついた。そんな左腕が2年生の冬を越えると化けた。

中学の野球部では外野手をしていた

中学の野球部では外野手をしていた

「恐らく130キロぐらいだった」という直球が新3年生の春に140キロ弱、夏前には140キロ超まで伸びた。甲子園はかなわなかったがプロ入りがにわかに現実味を帯び、声をかけられた神奈川大に進学した。

日本代表入りをするまでに成長した大学時代、忘れられない試合がある。2015年6月、大学選抜が神宮で若手プロと対決した一戦だ。先発を任された浜口は2回を7安打2失点と打ち込まれた。

圧巻の投球を見せたのは、浜口の後を受けた創価大の田中正義(現ソフトバンク)だった。7連続を含む8奪三振、ひとりの走者も許さずに4回を投げきった。彼我の差を痛感した浜口は「同学年は常に意識する。悔しかった」と地団駄(じだんだ)を踏んだ。

16年のドラフトでもライバルたちの後じんを拝した。1位で田中に5球団、明大・柳裕也(現中日)に2球団、外れ1位で桜美林大の佐々木千隼(現ロッテ)に5球団が競合する中、自分だけ名前を呼ばれない。柳と佐々木を外したDeNAがようやく指名してくれた。だが、このとき流したのは悔し涙ではなく、うれし涙だ。念願の1位指名を受けた安堵感、志望していた地元の球団に入れる喜び。「すごく縁を感じましたね」

プロ1年目の昨季、浜口は10勝を挙げ、故障やプロの壁に苦しむ同期生に先んじた。しかし勝ったとは思わない。「まだ1年だけですから。彼らのすごさは知っている。今年は抜かされないようにしないと」

刺激をくれる存在はチーム内にも多くいる。2年上の石田健大に1年上の今永昇太、今年入った東克樹。浜口を含めた若い「左腕カルテット」は先発ローテーションの中心を期待される。タイプが違う4人は互いに助言し、切磋琢磨(せっさたくま)する間柄だという。「いい文化ができている。変なライバル意識はありません」

成功する選手は例外なくいい出会いに恵まれる。浜口もまた、その条件を満たしていよう。(敬称略)

〔日本経済新聞夕刊4月3日掲載〕

熱視線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

熱視線 一覧

フォローする
「自分の中ではまだやり切ったと思える年がない」と話す=共同共同

 多くの選手は野心と大志に燃えてプロの世界に飛び込む。千賀滉大は違った。「俺、何しにここに来たんだろう、って。(育成選手の)契約期限の3年で終わると思っていました」
 中学までは軟式野球。愛知県立蒲郡高 …続き (5/25)

米国に赴いた昨年、ダルビッシュの柔軟で貪欲な姿勢に刺激を受けた

 圧倒的なスピードは見る者を魅了する。ソフトバンクホークスの千賀滉大(26)は日本球界の速球王だ。
 3月29日、開幕戦の初球で161キロをたたき出し、ヤフオクドームをどよめかせた。うなりを上げる剛球は …続き (5/25)

中学の野球部では外野手をしていた

 浜口遥大は平凡な野球少年だった。中学の野球部では投手で戦力にならず、外野手をしていた。「普通に受験勉強をして入った」佐賀県立三養基高は野球の強豪校ではなく、本人にも続ける意志は薄かった。
 プロに続く …続き (2018/4/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。