/

この記事は会員限定です

ジーンテクノ、中国でリウマチ薬のバイオ後続品

[有料会員限定]

創薬スタートアップのジーンテクノサイエンスは2024年にも中国で特許切れの成分で造る「バイオ後続品」を発売する。医薬品単独では売上高世界トップ級の関節リウマチや皮膚病の治療薬「ヒュミラ」の後続品を、現地企業と組み販売して100億円の売上高を目指す。日本企業が世界2位の中国の医薬品市場でバイオ後続品に乗り出すのは珍しいという。

バイオ後続品は生物由来の成分を使うバイオ医薬品の後発薬にあたる。米製薬大手アッヴィのヒュミラは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン