充電池容量 数秒で計測 ゴイク電池、EV向け品質向上 期待

2018/4/3 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップ企業のゴイク電池(大阪市)は、リチウムイオンなどの充電池の容量を数秒で計測する新装置を開発した。これまでは数時間かけて充電・放電して計測する必要があった。充電池は電気自動車(EV)1台あたりに数千本が使われるほか、ドローンなどに用途が拡大。新装置は充電池の生産効率化や品質管理の向上に役立つとして、バッテリーメーカーなどに売り込む。

開発したのはリチウムイオンやニッケル水素などの充電…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]