/

レアアース国内需要7.8%増 17年、EV関連が拡大

新金属協会(東京・港)がまとめた2017年のレアアース(希土類)の国内需要は前年比7.8%増の1万8112トンだった。増加は4年連続。電気自動車(EV)向けや液晶パネル向けの消費拡大がけん引した。

モーター磁石の原料となるジジムとネオジムは4400トン。16年比で1割伸びた。液晶パネルなどのガラス基板の研磨剤に使うセリウムは同11%増の6450トンだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン