石炭火力「慎重に」 東ガス新社長が明言

2018/4/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京ガスの内田高史社長は2日までに日本経済新聞の取材に応じ、九州電力や出光興産と計画する千葉県の石炭火力発電所の新設について「経済性や環境性を考えると、慎重に考える必要がある」と明言した。計画の投資決定時期である2019年度までに進めるか取り消すかの方針を決める。今後、九電などと協議する考えも示した。

3社で計画しているのは千葉県袖ケ浦市の石炭火力発電所で20年代の完成を目指している。出力は最大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]