2018年12月16日(日)

TDR、17年度は3期ぶり来場者増 イベントテコ入れで3010万人

2018/4/2 16:58
保存
共有
印刷
その他

オリエンタルランドは2日、運営する東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市、TDR)の2017年度の来場者数が16年度比0.3%増の3010万人だったと発表した。前年度実績を上回るのは3期ぶり。上期(4~9月)に投入した映画タイアップの新規イベントなどが集客に奏功し、下期(10月~3月)の悪天候の影響を打ち消した。

下期の来場者数は16年度同期比2.2%減の約1532万人だった。クリスマス時期に開催した東京ディズニーランド(同、TDL)の特別ショー「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」が好評だった。しかし10月は長雨がハロウィーンイベントと重なったため、客足が遠のいた。また1~3月は関東地域での大雪が影響し、16年度に比べ微減だった。

上期の来場者数は16年度同期比3.1%増の1477万人だった。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をテーマにした体験型のイベントや、5月にオープンした東京ディズニーシー(同、TDS)の新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が集客に貢献した。

オリエンタルランドは初期予想の段階では、16年度に開催したTDSの15周年イベントの反動で年間の来場者数を2950万人と設定していた。しかし、上期に投入した新アトラクションや新イベントが想定以上に集客に貢献したため、予想を上回る結果となった。

TDRでは15日から、開業35周年を記念した特別イベントが開催される。周年イベントが開催される年度は、来場者数が大きく増加する傾向にあるため、今年度の来場者は17年度を上回る可能性が高い。ただそれに伴う混雑も想定されるため、解消に向けた対策の整備がこれまで以上に重要となりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報