/

この記事は会員限定です

欧州発の化学物質規制、対応急務の電気・電子メーカー

新RoHS対策(上)

[有料会員限定]

今、多くの企業が新たな化学物質規制の対応に追われている。震源は、欧州連合(EU)の「RoHS指令」だ。2019年7月から、フタル酸エステル類の4物質が規制物質として加わる。ほとんどの電気・電子機器に使われており、インパクトは計り知れない。企業は物質の代替や混入を防ぐ体制づくりが急務になっている。

あらゆる製品に含まれている可能性あり

「規制物質の含有が次々と見つかっている」(ソニー)、「調査対象となる製品はほぼ全部」(キヤノン)、「製品や部品20万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン