監査法人に「働き方改革」の波 人手不足で福利厚生充実
あずさは休職に所得補償、トーマツは企業内保育所

2018/4/2 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公認会計士が主に勤務する監査法人が労働環境の改善などの「働き方改革」を進めている。4月に監査法人トーマツが大手で初めて企業内保育園を設置。あずさ監査法人は、社員が長期休職した際の所得補償を手厚くした。責任の重さや長時間勤務が敬遠され、監査法人の人手不足は深刻化している。監査法人は企業の監査を担っており、業務の質の低下にもつながりかねない。監査法人は働きやすさをアピールし人材の確保につなげる。

ト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]