/

この記事は会員限定です

アンチエイジング、米席巻 老年期人口増で2兆円市場

[有料会員限定]

【ニューヨーク=平野麻理子、河内真帆】北米で「抗加齢(アンチエイジング)」分野の市場が2022年までに203億ドル(2兆円強)に拡大すると予想され、投資や商品開発が盛んになってきた。戦後米国の成長を支えた1946~64年生まれの「ベビーブーマー」世代が65歳以上の老年期に入り始め、有力な商機とみられている。

「老年期の人口が増えるからこそ、新しい技術・商品開発を求める声が高まる」。調査会社マーケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン