2018年11月14日(水)

海自の安保法新任務、米軍への補給17件 17年4~12月
自衛隊と米軍の一体運用深まる

日本の守り
2018/3/31 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海上自衛隊が2017年4~12月、安全保障関連法に基づく新任務として米海軍に燃料や食料を提供したのが17件に及ぶことが分かった。北朝鮮による弾道ミサイル発射を警戒する米イージス艦への洋上給油などが含まれる。月2回ペースで実施しており、自衛隊と米軍の一体運用が平時から深まっている実態を浮き彫りにした。

16年の安保法施行と17年の改正日米物品役務相互提供協定(ACSA)発効により、自衛隊は共同訓練…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報