/

この記事は会員限定です

風で光ゆらぐLED照明 和ろうそくの風情再現

神奈川工科大など開発

[有料会員限定]

神奈川工科大学の三栖貴行准教授らはIT開発の未来技術研究所(名古屋市)と共同で、ろうそくのように風で光が揺らぐ発光ダイオード(LED)照明を開発した。周囲の音を内蔵コンピューターで解析し、風の強さに応じて明かりの雰囲気を変える。日本らしい風情はそのままに、ろうそくの転倒などによる火災の心配がない。

2020年の東京五輪・パラリンピック開催などで日本情緒あふれる雰囲気を楽しむ訪日客の増加が見込まれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン