/

誤診察でがん治療遅れ 群馬大、患者死亡で調査

群馬大病院は30日、誤って過去のコンピューター断層撮影装置(CT)の画像診断報告書を基に70代の男性患者を診察し、胆管がんの治療が遅れるミスがあったと発表した。男性はがんが進行し、昨年10月に死亡。医療事故調査委員会がミスの影響を調べる。

病院によると、男性は10年以上前に呼吸器外科で胸部の悪性腫瘍の手術を受け、経過観察中だった。2016年7月にCT検査を受けたが、担当医は報告書が作成される前に診察。電子カルテに表示された前年分の内容を基に診断を伝えた。16年の報告書は、がんなどの疑いを指摘していた。

男性はその後「胃が痛い」と訴え、病院が検査。17年5月に胆管がんと診断されたが、既に手術できない状態だった。過去の画像などを見返し報告書の誤認が発覚した。

群馬大病院では、腹腔(ふくくう)鏡や開腹の手術を受けた患者が相次いで死亡する問題が発覚。田村遵一病院長は記者会見で「じくじたる思い。注意喚起に取り組んだが足りなかった。患者の方に申し訳ない」と謝罪した。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン