2019年1月21日(月)

ユニクロ、中国以外に生産拡大 取引先リスト再公開
ベトナムは4割増

2018/3/30 18:55
保存
共有
印刷
その他

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリング(ファストリ)が中国より賃金の安い東南アジアへの生産シフトを進めていることが明らかになった。30日に追加公開した主要な取引先縫製工場のリストによると、2017年2月の公開時と比べてベトナムの工場数は4割増えた。インドネシアなどの工場も微増となった。

ファストリが取引する中国やバングラデシュ、ベトナムなど7カ国184の縫製工場の名前と住所を公開した。同社と継続的に長い取引のある工場を対象とし、発注額の約8割を占める。販売拡大に伴い、公開した工場数は昨年2月と比べ38カ所増えた。

中国中心の生産体制は変わらないものの、東南アジアでの生産比率は当面増える公算が大きい。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、ベトナムの月額賃金は中国の半分程度と安い。労働者の縫製能力も安定している。政情不安などもみられないため、ファストリは中国の次の主要生産国と位置付けているようだ。

インドネシアやバングラデシュでも数カ所増えた。中国では賃金上昇に加え、縫製工場で働く若者が減っている。東南アジアの各工場の労働環境を整えつつ商品の品質を維持していく。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報