2018年7月17日(火)

2017年度の時価総額ランキング、増加額首位は任天堂

(1/2ページ)
2018/3/31 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2017年度、株式市場に最も愛された企業はどこか――。時価総額の増減でランキングしたところ、絶対額を増やしたトップは家庭用ゲーム機が大ヒットした任天堂だった。ソニーも4位にランクイン。かつての株式市場の人気銘柄が主役復帰を果たした1年になった。一方、減少額上位には市場の縮小が懸念される銘柄が顔を並べた。

 時価総額は「株価」に「発行済み株式総数」をかけて算出する。企業価値を表し、株式市場における成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報