/

「放送脅かすなら断固反対」 フジ宮内社長、放送改革巡り

フジテレビの宮内正喜社長は30日の定例会見で、政府が検討する放送事業改革について「民間放送の根幹を脅かすような法改正がなされるのであれば、断固として反対しなければならない」と指摘した。政府の規制改革推進会議は、放送局の政治的な公平性などを定めた放送法の規制を撤廃し、インターネットなどの通信事業と異なる規制を一本化する方針。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン