2019年7月22日(月)

ウォルマートが医療保険大手買収か、米紙報道 アマゾン参入備え、業界再編加速

2018/3/30 15:39
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=平野麻理子】米小売り最大手のウォルマートが米医療保険大手のヒューマナの買収交渉を進めていることが明らかになった。29日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)が関係者の話として伝えた。米国ではアマゾン・ドット・コムのヘルスケア業界参入がささやかれるなか、大型M&A(合併・買収)が勢いづいている。

WSJによると交渉は初期段階で、最終合意に至るかは不透明だとしている。ヒューマナは米国の5大医療保険会社の一角を占める。29日の取引終了時点での市場価値は370億ドル(約3兆9400億円)に達する。買収額のメドなどは明らかになっていないが、実現すればウォルマートにとって最大の買収案件となる見通しだ。

ウォルマートは全米の店舗の多くで、店内に薬局を併設している。薬局と医療保険を一体化することで、製薬会社への価格交渉力を高める狙いがある。米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスも昨年12月に、米医療保険大手のエトナを690億ドルで買収すると発表した。

米国ではアマゾンがいずれ処方薬販売に乗り出すとの観測が根強く、参入に備えた業界再編が増えている。今月8日には、医療保険大手のシグナが薬剤給付会社を520億ドルで買収すると発表したばかりだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。