水俣病と博物館 東浩紀

2018/4/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2011年の福島での原発事故のあと、水俣病について考えるようになった。

むろん両者の事件は本質が異なる。水俣病の成立過程は解明されているが、福島で健康被害は確認されていない。他方で福島には広大な立ち入り禁止地域が設定されたが、水俣にはない。そもそも有機水銀の害と放射能の害はまったく性格が異なる。

けれども両者には共通点も多い。豊かな自然と経済的に恵まれない農村。僻地(へきち)に集中する高度成長の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]