/

この記事は会員限定です

ハコブ、タイで荷主とトラックマッチング 豊通と実験

[有料会員限定]

物流スタートアップのHacobu(ハコブ、東京・港、佐々木太郎社長)は物流用トラックの稼働を効率的に管理するシステムを海外でも展開する。荷物を載せていない空車のトラックを登録しておくと荷主とマッチングするシステムで、英語版とタイ語版を開発した。早ければ5月からタイで、豊田通商系企業の協力を得て実証実験をする。

ハコブは2015年設立。運送会社が持つトラックと荷物を運んでもらいたい荷主をインタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン