/

この記事は会員限定です

東京の金先物、「低ボラ相場」の憂鬱

[有料会員限定]

東京の金先物市場が変動率(ボラティリティー)の低下に直面している。1年以上にわたり10%に達する日がほとんどない異例の状態だ。相場を動かす材料の不足、ドル安、そしてコンピューターによる高速取引の普及が背景にある。投資妙味の乏しい相場が続き、商品先物関係者の悩みは深い。

「ここまで価格のトレンドが出ないと厳しい」。国内商品先物大手、第一商品の岡田義孝取締役は表情を曇らせる。同社は金取引に強みを持つが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン