2019年2月22日(金)

中国通信3社、投資を圧縮 通信料下げ命令で
6期ぶり5兆円下回る

2018/3/30 0:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国国有通信大手の上場子会社3社が2018年12月期に計画している投資額の合計が6期ぶりに3千億元(約5兆円)を下回る。中国政府が国民の生活重視をアピールするために携帯電話の通信料引き下げを決めたことを受け、3社は投資を圧縮して利益を確保する。産業の高付加価値化につながる次世代高速通信規格「5G」向けの投資は19年12月期に始まるとみられていたが、20年から本格化する見通しとなった。

■5G普及に

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報