/

為替条項「米韓FTAとは別」韓国政府高官、米の発表否定

【ソウル=鈴木壮太郎】米韓自由貿易協定(FTA)再交渉を担当した産業通商資源省の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長は29日、韓国大統領府のオンライン放送に出演し、米国が米韓FTAの付帯協定に韓国の通貨安誘導を防ぐ「為替条項」を盛りこんだと発表したことについて「米韓FTAとは別個の事案だ」と否定した。

金鉉宗氏は、米国側も為替問題と米韓FTAは別であることを認識していると指摘。にもかかわらず米国が米韓FTAとからめて発表したのは「11月の中間選挙を控えて、内政的に劇的な効果を狙ったのではないか」との見方を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン