/

20年春は群馬で開催、JRの大型観光企画DC

群馬県は29日、JRグループが2020年4~6月に実施する大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」の開催地に決まったと発表した。群馬での開催は11年夏以来、9年ぶり5回目。東京五輪・パラリンピックに向け、都内からのアクセスの良さなどをアピールし、観光誘客に取り組む。

DCはJRグループ6社と地方自治体、観光関係者などが一体となり、観光地の紹介やイベント開催を実施する国内最大の観光キャンペーン。JR各社が全国の駅やテレビCMなどで宣伝し、旅行会社も関連のツアー商品を販売する。

群馬での春期の開催は39年ぶりとなる。JR東京駅から1時間程度という交通の便の良さや、同年春に高崎市に大型コンベンション施設が完成し、交流人口の増加が期待されることが開催の決め手となった。

20年春のDCは世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」と関係の深い埼玉北部や秩父地域とも連携して実施する。19年4~6月には予行演習を兼ねた「プレDC」を開催。同年5月には全国の観光関係者や旅行会社を招き、観光地の紹介や観光モデルコースの視察をする「全国宣伝販売促進会議」を開く。

大沢正明知事は29日の記者会見で「11年の開催時は東日本大震災直後という状況の中、多くの観光客に来ていただいた。20年夏には東京五輪・パラリンピックも開催される。国内外に群馬をPRする好機だ」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン