/

富士フイルム、医療2社買収 JXTGから850億円で

「培地」を強化

富士フイルムホールディングスは29日、再生医療関連企業2社をJXTGホールディングスから買収すると発表した。買収額は約8億ドル(約850億円)。主力の事務機は米ゼロックスの買収で立て直しを急ぐが、先行きは見通せない。M&A(合併・買収)を軸にヘルスケア事業を将来の収益源に育てる狙いがある。

「予防・診断・治療を手がけるトータルヘルスケア企業を目指す」。29日午後に都内で記者会見した富士フイルムHDの古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)はこう力を込めた。

今回、JXTGHDから買収するのは、米アーバインサイエンティフィックセールスカンパニー(カリフォルニア州)とアイエスジャパン(埼玉県戸田市)の2社。5~6月に、両社の発行済みの全株式を取得する予定だ。

両社が手がけるのが、「培地」と呼ばれる事業。培地は細胞の生育や増殖に必要な栄養分を含んだ物質で、再生医療に用いるiPS細胞などの培養に不可欠といわれる。今後も年率10%程度の成長が見込める有望市場であり、2社の売上高営業利益率も20%弱と比較的高い。買収する2社は顧客ごとの要望に合わせたカスタム品が得意で、相乗効果も見込める。

富士フイルムHDは2017年の和光純薬工業の買収で培地事業に参入していたが、関連売上高が40億円強と小さかった。今回、独メルクなどと並び培地で4強の一角を占める2社を手中に収めることで、医薬品事業の拡大に必要なピースがそろいつつある。ある業界アナリストは「ヘルスケア事業を収益の柱に据えるという同社の戦略から言えば今回の買収は評価できる」と語る。

富士フイルムHDは08年に富山化学工業を買収して医薬品事業に本格参入し、15年にはiPS細胞を開発・製造する米セルラー・ダイナミクス・インターナショナル(CDI)を買収するなど矢継ぎ早に手を打ってきた。

現在、売上高に占めるヘルスケア事業の割合は2割程度だが、「(将来的には)3~4割まで高める」(古森会長)ことを目指している。17年度から始まった中期経営計画では、M&A枠として3年間で5000億円を設けているが、買収先の中心はヘルスケア分野になるとみられる。

傘下の富士ゼロックスが手がける主力の事務機事業は先進国を中心にペーパーレス化が進んでおり、振るわない。すでにゼロックスを買収する方針を打ち出しているが、先行きは不透明だ。だからこそヘルスケア事業の拡大に活路を見いだしているが、事務機事業の立て直しと両立するのは容易ではない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン