/

収納棚が類似 二審もカインズ敗訴

生活雑貨店「無印良品」を運営する良品計画(東京)が、自社商品に似た収納棚を販売したとして、ホームセンター大手「カインズ」(埼玉県本庄市)に販売差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が29日、知的財産高裁であった。清水節裁判長は、販売差し止めと商品の廃棄を命じた一審・東京地裁判決を支持、カインズ側の控訴を棄却した。

カインズ側は、消費者を対象にした独自調査をもとに、棚の形状はありふれていると主張。機能上、支柱の構造なども似てしまうと訴えたが、清水裁判長は良品計画の棚のような構造を採用しなくても棚は製造できるなどとして退けた。

一、二審判決によると、良品計画の棚は「ユニットシェルフ」の名称で累積で70万台を販売。カインズの棚は現在は販売中止となっている。

良品計画は「主張が十分に反映された」とコメント。カインズは「主張が認められず残念。これまでと同様、法令順守のもとで商品づくりを行っていく」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン