/

この記事は会員限定です

税務情報、秋から国際共有 企業に思わぬ課税強化も

[有料会員限定]

2018年秋から、日本は税務情報の国際共有の枠組みに参加する。自社グループ内での国際間の取引価格(移転価格)に関する詳細を企業が報告し、各国の税務当局が情報交換するものだ。大企業の租税回避防止が目的だが「日本企業が意外な形で課税強化に直面する恐れがある」との指摘もある。(植松正史)

「ようやく資料の準備が整った」。約70カ国に880以上のグループ企業を持つ日立製作所の税務担当者は胸をなで下ろす。ここ数年、世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1686文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン