後ろめたさ 東多江子

2018/4/5 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

非常勤講師として八年間、ある大学の一年生に脚本の基礎を教えていた。

あるとき、わたしが課題の要項を板書して学生の方に振り返ると、いきなり「バシャ」と機械音がした。

前列の女子がわたしにスマホを向けている。いやわたしじゃなかった、彼女は黒板にわたしが書き付けた文言を写メしたのだった。

意表を突かれると、人は声が出ない。わたしはやっと自分を取り戻し、授業で板書を写メするのは禁止だ、と学生たちに伝えた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]