2018年7月18日(水)

7/18 1:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,697.36 +100.01
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,720 +120

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

謎の円急落

2018/3/29 9:05
保存
共有
印刷
その他

 円の対ドル相場が日本時間28日夕刻の105.60円台からニューヨーク時間には一時107円を突破する急落を演じた。ほぼ一貫して円売りが続いた形だ。

 ドル金利は伸び悩み、「恐怖指数」(VIX)は23台まで上昇しているので、金利差拡大・リスクオンが理由とは説明できない。NYのアナリストたちも説明に窮して「ミステリアスな円安」と当惑気味だ。イースター休暇前の通貨投機筋によるドル売りポジション手じまい、が「無難な後講釈」となっている。

 日本株には朗報だが、マーケットは「まだ信じられない」「うっかり乗ってハシゴを外されるのでは」と、いまだに疑心暗鬼だ。

 このような市況の法則に反する動きが、相場は生き物といわれるゆえんだろう。それにしても、最近は説明できない動きが目立つ。金融政策が超緩和から引き締めへ方向転換する時期で、市場の神経過敏を映す現象ともいえよう。

 いずれにせよ円高→株安→円高加速→株安加速、の負の連鎖に、短期的にせよ歯止めがかかったことで、イースター明けに、投機筋がドル売り円買いを仕掛けにくくなった可能性もある。まだ円先高感が強いが、潮目が変わる兆しなのか、注目される。

 なお、市場では、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)のじり高現象とイールドカーブのフラット化が不安視されている。

 LIBOR上昇は、金融市場にとって「異音」だ。銀行の資金調達コストが上がることは、資金需給がタイトになっていることを示す。為替ヘッジコストも上昇する。

 イールドカーブは年内に長短逆転さえ可能性として語られる。短期金利は米連邦準備理事会(FRB)が上げるが、長期金利はマーケットで上がらない。景気後退の前兆とされるので、気になる現象だ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他