トヨタ・スズキ、インドで相互OEM 成長市場を開拓

2018/3/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車とスズキはインドで車両の相互OEM(相手先ブランドによる生産)供給に乗り出す。2019年以降、スズキは現地生産する小型車を、トヨタはハイブリッド車(HV)などを供給する。新興国での販売が伸び悩むトヨタは、インドで4割超のシェアを握るスズキと組み、日本を抜き世界3位に浮上する成長市場を開拓する。

調査機関によると、世界の自動車販売に占める新興国の比率が21年には約6割に達すると予測する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]