/

この記事は会員限定です

街はどう変わるの? 宇都宮LRTのイロハ(5)

[有料会員限定]

宇都宮市と栃木県芳賀町がLRT(次世代型路面電車)事業を通じて路線バスも含め公共交通網を拡充すると、街はどう変わるのだろうか。市が示す将来の街の姿は「ネットワーク型コンパクトシティ(NCC)」。中心市街地やかつての旧町村部などの拠点を公共交通で行き来し、高齢者や子供もクルマ要らずで便利に生活できるという新たな街のイメージだ。

NCCの実現に向け、宇都宮市は街の働きや魅力を高めるための開発や施設誘導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン