/

安邦創業者、呉氏の裁判始まる

【上海=張勇祥】中国の保険大手、安邦保険集団の創業者である呉小暉氏の裁判が28日に上海で始まった。呉氏は故・鄧小平氏の孫娘と結婚していたとされるが、2017年に拘束。詐欺的な資金集めなどの罪で起訴されていた。裁判で呉氏は起訴内容の一部を否定した。

安邦保険は中国内外で大規模な企業買収を繰り返してきた。だが、野放図な資金調達や投資が金融システムに悪影響を及ぼしかねないとして政府が2月に管理下に置いた経緯がある。呉氏の裁判を通じ、当局は金融健全化に向けた強い意思を示す狙いがある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン