再建請負人「人事は私が」 統治なき社内 掌握なるか
Behind the Curtain 商工中金、再起への道(上)

2018/3/28 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府系の商工組合中央金庫(商工中金)が約10年ぶりに民間から社長を迎え入れた。不正融資の発覚から1年を経てからの追加調査でも新たな不正が見つかり、問題の根深さは想像を超える。商工中金の再出発には新社長が社内を掌握し、企業体質を抜本的に刷新することが条件になる。

「人事は私がやりますから」。複数の関係者によると、プリンスホテル取締役から商工中金社長に転じた関根正裕氏は2月初旬、プロパートップの菊地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]