街づくり2度の停滞 「全体最適」の欠如招く
(転機のMM21(中))

2018/3/29 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業の造船所跡地や埋め立て地などからなる横浜市のみなとみらい(MM)21地区は当初、オフィスビルを中心にした都市にする計画だった。しかし、バブル崩壊とリーマン・ショックの影響で、街づくりは2度にわたって停滞。現在は「開発3期目」といえる。着工から35年たった「未完の街」は機能や景観に今も斬新さを付加する半面、街並みの統一感の欠如も招いた。

「21世紀に入るまでにはできているはずだった」。M…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]