/

将棋・藤井六段、中学生最後の対局は黒星 「形勢損ねた」

将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は28日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で井上慶太九段(54)に敗れた。中学生最後の対局を白星で飾れず、1月から続く連勝は16でストップした。

王将戦1次予選で井上慶太九段に敗れ、対局を振り返る藤井聡太六段(28日、大阪市)=共同

しかし、2017年度は記録全4部門(対局数、勝率、勝利数、連勝)で1位を達成。勝率は73対局、61勝12敗の8割3分6厘と、歴代4位タイ(1位は中原誠十六世名人の8割5分5厘)の記録を残した。勝利数も4位タイ(1位は羽生善治二冠の68勝)と、対局数を除く3部門でベスト10内に入った。

28日は相手の巧妙な指し回しに屈し、137手までで投了。「形勢を損ねてしまい最後まで及ばなかった」と悔しさをにじませた。1年間について「思っていた以上の活躍ができたが、本局のように力が足りないのでしっかりやっていきたい」と前向きに話した。

藤井六段は今年2月に羽生二冠を破るなどして棋戦初優勝し、中学生初の六段に昇段した。次の目標は初タイトルの奪取となる。

8つあるタイトル戦のうち、予選が始まり年内に挑戦者となる可能性があるのは竜王戦、王座戦、棋王戦の3棋戦。特に王座戦では16人が出場する本戦トーナメントに勝ち進んでおり、4連勝すれば、中村太地王座への挑戦者となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン