2018年4月22日(日)

犬型ロボ「アイボ」の目、生命感があるのはなぜ?
ソニーaibo徹底分解(下)

エレクトロニクス
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/4/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ソニーが2018年1月11日に発売した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」。生き物らしさを実現するために、開発者は「目」などの部位にも知恵を絞った。また、どんなユーザーと接しても安心・安全を確保するために、さまざまな工夫も凝らしている。aiboを分解していくと、そんな開発者のこだわりが見えてきた。

■レンズ内側に反射防止コーティング

 センサーやアクチュエーターの他にも、aiboには開発者の「こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

関連キーワード

ソニーaibo徹底分解

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報