2018年12月20日(木)

犬型ロボ「アイボ」、生き物のように動けるのはなぜ?
ソニーaibo徹底分解(中)

コラム(テクノロジー)
(1/3ページ)
2018/4/16 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニーが2018年1月11日に発売した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」は、まるで生き物のような動きをするのが特徴だ。それを実現するために、ソニーは新型アクチュエーターを開発している。aiboに「命」を吹き込むに当たって浮上した課題とその解決策について、aiboを分解して探ってみた。

■小型・大トルクのアクチュエーター

aiboに取り付けたさまざまなセンサーにより、aiboは「気付き」、本体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは早いほどお得!

ソニーaibo徹底分解

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報