牛乳・乳製品、小売業者に買いたたき防止を要望 農水省

2018/3/28 18:11
保存
共有
印刷
その他

農林水産省は28日、小売業者が牛乳と乳製品を仕入れるときに、買いたたくのを防ぐための指針をまとめた。賞味期限の短い牛乳や乳製品は小売り側の立場が強く、過度な値引き要求が発生しやすい。特売品などとして売るために、過剰な値引き要求をしないことなどを小売業者に求めた。適正な取引を促し、法令違反を未然に防ぐ。

牛乳と乳製品は日持ちがせず小売店で特売品になりやすいという。農水省は牛乳・乳製品メーカーを対象に取引実態を調査した結果、法令違反の可能性がある事案を確認。指針では「客寄せのための納品価格の不当な引き下げ」などの例を示し、不公正な取引の防止を促した。

指針は農水省のホームページなどで公表するほか、業界団体向けにも説明会を開く。農水省は2017年3月にも豆腐と油揚げの適正な取引を促す指針を策定しており、食品分野で指針をつくるのは今回が2例目となる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]