ヤマハ発、農業ロボVBに出資 果物の収穫・梱包を自動化

2018/3/28 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマハ発動機はこのほど農業用ロボットを開発するニュージーランドのスタートアップ、ロボティクス・プラスに出資した。収穫の自動化などロボット技術の開発で協力する。同社の知見とヤマハ発の車両や産業用ロボット、小型ヘリコプターなどの技術を組み合わせることで農業の自動化を新事業の柱に育てる。

ロボティクス・プラスは2008年設立。ソフトウエア開発を強みとしており、果物を収穫、梱包するロボットを実用化してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]