2018年11月21日(水)

インタビュー

フォローする

大谷やイチローに贈る言葉 長谷川滋利氏に聞く

(1/3ページ)
2018/3/29 2:00
保存
共有
印刷
その他

米大リーグが29日(日本時間30日)に開幕する。今季は投打の「二刀流」で世界最高峰の舞台に挑むエンゼルスの大谷翔平や6年ぶりにマリナーズに復帰したイチローなど話題が豊富。エンゼルスOBで、現在、米国を拠点にする長谷川滋利氏(49)に大谷が活躍するためのポイントや、マリナーズ時代に同僚だったイチローについて語ってもらった。

こぢんまりせずにやってほしい

長谷川氏は「実力はあるから、こぢんまりせずにやってほしい」と語る=共同

長谷川氏は「実力はあるから、こぢんまりせずにやってほしい」と語る=共同

――大谷の「二刀流」挑戦をどう見ているか。

「日本で6年、米国で9年プレーした人間からみたら、最初の1年はあまり関係ない。実力はあるから、いきなりこぢんまりせずにやってほしい。周りはそっとしておいた方が後々、超一流になりそうな気がする。先日、チームの中心選手のアルバート・プホルスやマイク・トラウトとゴルフをしたときも『楽しみだ』と語っていた」

――キャンプでは球を操れていなかった印象だ。

「今の時点でいろいろ課題があった方がいい。ダルビッシュ有はアジャスト(適応)が早かったが、ピッチングだけでもキャンプだけで対応するのは難しい。彼の場合はそこに打撃も加わっている。時間が足りないというのが本音ではないか」

「制球だけで判断はできない部分も多い。キャンプ地のアリゾナはドライで球がすごく飛び、滑る。私も最初の2、3年は苦労した。常に結果を求められるから、全く気にしないわけにもいかないが、周りが騒ぐほどではないだろう。マイク・ソーシア監督がしばらく起用するつもりなら、シーズン始まってからアジャストしていけばいい」

米国を生活の拠点にしている長谷川氏

米国を生活の拠点にしている長谷川氏

――現役時代に心掛けていたことは。

「私も1年目のキャンプで『スライダーが曲がらないし、やばいな』と思った。ロージンバッグで滑らないようにするなど、少し工夫が必要でしょう」

「私はスライダーのスピードを少し落とすことでコントロール重視に切り替えた。キレのいい球よりコースにきっちり投げた方がメジャーでは重要だと感じたから。日本人はコースに決まっても打者に当てられてしまうが、米国では遠くに飛ばすタイプが多い。自分が投げる球をコントロールできたらそんなに打たれないはず。頭の中の思考の微調整は必要になるでしょう」

「いずれにせよ、球の違いはみんなが通る道。田中将大もダルビッシュもそうだった。ただ、ダルビッシュは4月の途中でコツをつかんでいる印象だった。アジャストが早い人もいれば、遅い人もいる。私と大谷君では能力に雲泥の差はあるが、アジャストに関しては誰が早いかは全く別」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
長谷川氏は「実力はあるから、こぢんまりせずにやってほしい」と語る=共同共同

 米大リーグが29日(日本時間30日)に開幕する。今季は投打の「二刀流」で世界最高峰の舞台に挑むエンゼルスの大谷翔平や6年ぶりにマリナーズに復帰したイチローなど話題が豊富。エンゼルスOBで、現在、米国 …続き (3/29)

大リーグ通算3000安打を達成し、球場の電光掲示板に映し出されるイチロー=共同共同

 マーリンズのイチローが大リーグ通算3000安打という金字塔を打ち立てた。本名の鈴木一朗改め「イチロー」としてプロ野球記録のシーズン210安打を放ち、一躍スターダムにのし上がったのはオリックス時代の1 …続き (2016/8/10)

ボラス氏は「選手の希望をかなえるのが代理人の仕事」という

 松坂大輔(現ソフトバンク)の米国移籍に際して代理人を務め、大リーグの大物選手を多く顧客に持つスコット・ボラス氏が来日した。多くの巨額契約で知られる同氏に代理人の役割や日本選手の現状などについて聞いた …続き (2015/9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]