/

この記事は会員限定です

中核なき海外 進路見えず

会社研究 楽天(下)

[有料会員限定]

楽天の海外事業って何?」。国内外の電子商取引(EC)銘柄を運用するある国内ファンドマネジャーは外国人投資家からよくこう問われるという。名前を耳にしたことがあっても事業内容は知らない。欧米では楽天はそんな存在だ。

数年前までは違った。三木谷浩史会長兼社長が「打倒アマゾン・ドット・コム」を公言し、ピーク時には世界27カ国でEC事業を計画。欧米や東南アジア、南米などでEC関連会社を次々に買収した。アマゾン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン