/

両面ガラスの水上メガソーラー、いちごが笠岡市で稼働

日経BPクリーンテック研究所

いちごは、岡山県笠岡市の農業用ため池に出力約2.64MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご笠岡岩野池ECO発電所」を建設し、2018年3月20日から発電を開始した。水上メガソーラーは、同社では初めてという。両面ガラス型パネルを採用した。

笠岡市が所有する農業用ため池「岩野池」の水面5万9906平方メートルを賃借し、太陽光パネル8800枚を設置した。年間発電量は約319万7000kWhを見込み、これは一般家庭約880世帯分に相当する。売電単価は24円/kWh。

太陽光パネルは中国トリナ・ソーラー製の両面ガラス型を採用した。裏面に樹脂製のバックシートを使う通常タイプに比べ、両面とも無機材料のため、長期的な信頼性が高まる利点がある。

パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製、フロート架台はフランス系のシエル・テール・ジャパン製を採用した。EPC(設計・調達・施工)はJFEプラントエンジが担当した。

同社グループが運営する累計発電所数と発電容量は、3月20日現在で38カ所、110.26MWとなる。

(ライター 工藤宗介、日経BP総研 クリーンテック研究所 金子憲治)

[日経 xTECH 2018年3月27日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン