能力発揮やケガ予防に睡眠科学 米スポーツ界が熱視線
渡辺史敏 ジャーナリスト

(1/2ページ)
2018/4/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

選手の疲労回復やコンディションの向上のために「睡眠科学」を導入することが、米国のスポーツ界で注目のトレンドとなっている。選手のパフォーマンス向上やケガの予防などにつながるという。すでに米大リーグMLBや米プロバスケットボールNBA、米プロフットボールNFLはもちろん、大学アメリカンフットボールの有力校なども睡眠科学を取り入れており、その数は今後ますます増えそうだ。

■レッドソックスが先駆者

この分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]