/

両陛下、日本最西端・与那国島を訪問 在来馬など視察

(更新)

沖縄を訪問中の天皇、皇后両陛下は28日午前、那覇空港発の特別機で日本最西端の与那国島を訪れられた。到着後すぐに在来馬の「与那国馬」が放牧されている牧場を見学。天皇陛下は体高1メートル強の与那国馬のたてがみや顔をなでながら「ずいぶん小さいね」などと楽しそうに話されていた。

宮内庁関係者によると、陛下は小学生時代に沖縄県宮古島の在来馬に乗った思い出を大切にしており、特徴の似ている与那国馬を見るのを楽しみにされていたという。

両陛下は世界最大級のガ「ヨナグニサン」を見学するほか、島伝統の「棒踊り」を鑑賞される。日帰りで那覇市に戻る予定で、帰り際には最西端の碑が建つ岬「西崎(いりざき)」にも立ち寄られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン