/

この記事は会員限定です

佐川氏、証言拒否50回連発 森友問題真相見えず

[有料会員限定]

27日に衆参両院の証人喚問に臨んだ佐川宣寿前国税庁長官は、自らの刑事訴追の可能性を理由に少なくとも約50回証言を拒否した。学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改ざんの指示者や経緯は明らかにならなかった。一方、安倍晋三首相やその周辺、政治家らの指示は明確に否定し、安倍政権にとって有利な証言が際だった。

「答弁を控える」

「刑事訴追の恐れがあるので、答弁はご容赦させていただきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン