/

がんゲノム、連携病院100カ所指定 厚労省

厚生労働省は27日、がん患者の遺伝情報に基づいて最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」を進める連携病院100施設を公表した。すでに中心となる中核拠点病院11施設を選んでおり、それぞれと連携する病院が決まったことで、4月から全国での実施体制が整う。

がんゲノム医療はがんの原因となる遺伝子の異常を調べ、その患者に最も効きそうな薬を選んで投与する。効果が高く副作用が少ないとされる。治療開始から5年後の生存率の向上を目指す。

連携病院は中核病院に患者のがん組織を送って遺伝子検査を依頼し、その結果をもとに治療する。臨床研究(治験)の薬で適したものがあれば、患者に紹介する。がん研究会有明病院(東京・江東)や愛知県がんセンター中央病院(名古屋市)、大阪国際がんセンター(大阪市)などが選ばれた。岩手、群馬、熊本、大分、沖縄の5県は連携病院がないが、厚労省は「半年ごとに追加応募を受ける」としている。

標準的な治療が効かなくなった進行がんや希少がんなどの患者が対象となる。遺伝子の異常に基づいた治療を受けられるのは検査した患者の10~20%になる見通し。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン