/

この記事は会員限定です

霞が関が見た佐川氏喚問 国会が不安、答弁拒否に違和感

[有料会員限定]

佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を、霞が関の現役官僚たちは固唾をのんで見守った。答弁拒否を繰り返す対応に理解を示す一方で、安倍晋三首相ら官邸の関与は明確に否定する姿に違和感を抱く声も上がった。共通の感想は、国会運営に不安を残したことだった。

佐川氏は検察当局の捜査中であることを理由に改ざんの経緯を語ることを避け続けた。他省庁の幹部からは「これまで国会で答弁してきた以上のことを話せないのは仕方ない」「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン