研究会文化の暮れ方 京都大学教授 佐藤卓己

2018/4/25 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先月17日、近代社会史研究会(1985年~)と越境する歴史学(2004年~)の合同最終例会に出席した。いずれも立ち上げ期に参加した研究会であり、その幕引きは見届けておきたかったわけである。

どちらも「共同研究をリードした京大人文研」の精神的系譜を引く超領域的な研究会だった。私の場合、大学院生時代、ドイツ留学前に参加した近代社会史研究会の方に思い入れは大きい。研究のみに専念できた「よき時代のよき場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]