2018年11月19日(月)

米財務長官「中国と生産的議論」 貿易摩擦懸念和らぐ

2018/3/27 12:08
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=平野麻理子】ムニューシン米財務長官は25日に出演した米フォックステレビで、中国と通商関係について「非常に生産的な議論をしている」と述べた。英紙フィナンシャル・タイムズによると、中国政府は米国との貿易摩擦を避けるため、海外の金融機関に対する資本規制の緩和や米国企業からの半導体購入を増やすことなどを検討している。

トランプ米大統領は22日、中国の知的財産侵害などを理由に制裁関税措置を導入する方針を発表した。中国が報復措置に動く懸念が高まったが、水面下で妥協点を探る交渉が進んでいるもよう。ムニューシン氏は「中国にとっても公平な貿易となる合意に到達できるかどうか道筋を探っているところだ」と指摘した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが関係者の話として伝えたところによると、ムニューシン氏と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は前週末、中国政府に書簡で、金融分野の外資規制の緩和など米政府の具体的な要求を示した。ムニューシン氏は交渉のため、北京訪問も検討しているという。

トランプ氏は対中貿易赤字の1000億ドル(約10兆6000億円)削減を目指す。米国製自動車や半導体の対中輸出を増やしたい考えだ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報