改ざん理由や認識の経緯、佐川氏「答弁控える」
森友文書巡り証人喚問

2018/3/27 10:57 (2018/3/27 11:38更新)
保存
共有
印刷
その他

参院予算委の証人喚問で発言を求め挙手する佐川氏(27日午前)

参院予算委の証人喚問で発言を求め挙手する佐川氏(27日午前)

佐川宣寿前国税庁長官は27日午前の参院予算委員会の証人喚問で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書を財務省が改ざんした理由や、自身がいつどのように認識したかについて答弁を拒否した。「捜査の対象であり、刑事訴追の恐れがある。答弁を差し控えたい」と述べた。

自らの国会答弁に沿って改ざんされた可能性に関しても「刑事訴追の恐れがある」として説明を避けた。安倍晋三首相や昭恵夫人の名前を削除するために改ざんしたのかについての質問にも「書き換えの経緯に関わる話だ。誰が指示したのか、どのような対応で書き換えが行われたかが捜査の対象になっている」として答弁を拒否した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]