アンデルセン賞に角野さん 「魔女の宅急便」

2018/3/26 22:33
保存
共有
印刷
その他

「魔女の宅急便」などで知られる児童文学作家の角野栄子さん(83)が26日、「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた。日本人の作家賞受賞は4年ぶり3人目、画家賞を含めると5人目となる。

角野栄子さん

主催する国際児童図書評議会(本部・スイス)が同日発表した。選考委は「自由な想像力と、子どもや若者の感性への洞察力を持った作家で、良質な文学を親しみやすいものにした」と評価している。

国際アンデルセン賞は2年に1度贈られている。作家賞は1994年にまど・みちおさん、2014年に上橋菜穂子さんが受賞。画家賞は80年に赤羽末吉さん、84年に安野光雅さんが獲得した。

角野さんは「どういう物語にするのかを考えるのが楽しく、私が楽しい気持ちで書けば読む人に伝わるんだ、という確信をだんだんと持てるようになり、それが支えだった。外国の方たちに伝わったこともすごくうれしい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]